早い完治を目指すポイント|症状を把握しよう|ノロウイルスかなと思ったら

症状を把握しよう|ノロウイルスかなと思ったら

レディー

早い完治を目指すポイント

男性

腸を元気にする

ノロウイルスだけではなく、流行性感冒による症状では感染者や看病する家族側が気を付けたい点があり、対策1つで感染者を増やさないことに繋げられます。例えば、ノロウイルスでは吐き気や嘔吐、下痢などの胃腸に症状が現れます。嘔吐や下痢で排出されてしまうものの、脱水症状に見舞われないために水分補給や栄養のある食事は必須です。家族側は感染者の嘔吐物の処理に注意が必要で、汚染された物全て、消毒よりも破棄することが対策の1つです。また下痢などが続くため、腸を元気にすることも得策です。特効薬が無いため、重要なのは体の免疫力で、免疫細胞は腸に沢山棲んでいます。善玉菌が多いことで免疫力が高まるため、乳酸菌飲料やビフィズス菌を含む食品は胃腸にも優しく、さらに免疫アップで菌と闘い、症状を軽くする期待もできます。

吸収の良い飲料水

嘔吐や下痢などの症状が直ぐに現れ、数日で回復へと向かうのがノロウイルスの特徴ですが、体内に暫くは潜伏している可能性もあり、人との接触は控えるのが無難です。ノロウイルスの症状の中でも特に注意が必要なのは、下痢や嘔吐による2次感染です。インフルエンザや風邪などと違い、ノロウイルスは腸内で増殖するのが特徴で、そのために下痢や嘔吐の症状が起こります。ウイルスを排出させることが治療法の1つで、病気全般の対策にも言えるものの、水分補給は必須です。特に体への吸収率が早いのが電解質を含む飲料水で、人気を集めています。弱った胃腸には人肌程度、または常温で飲むことでより、吸収率を高めることができます。脱水症状も改善できるため、ノロウイルスだけではなく、夏風邪などにも利用価値があると評価されています。