乾燥する時期に流行る病気|症状を把握しよう|ノロウイルスかなと思ったら

症状を把握しよう|ノロウイルスかなと思ったら

レディー

乾燥する時期に流行る病気

女の人

もしかかってしまったら

ノロウイルスには特効薬というものはなく、脱水症状を防ぐための点滴や高熱を下げる抗生物質、整腸剤などが処方されます。特徴として、激しい嘔吐、倦怠感、下痢、腹痛、発熱などが挙げられます。人によってノロウイルスの症状の軽い重いに差があり、ただの風邪と思い込み過ごしてしまう人もいますが、多くの人はひどい嘔吐や下痢に悩まされます。一番こわい症状が脱水症状です。食べ物は食べられなくても大丈夫ですが、水分の摂取は重要です。脱水症状に陥るとさらに体力を消耗し危険なので水分もまともに摂れない場合は点滴をするようにしてください。最短で一日で症状は軽減しますが、ウイルス自体は3〜5日潜伏しているので注意してください。食べられるようになったらおかゆなど消化の良いものから始めましょう。

家族が注意するべきこと

ノロウイルスを繁殖させないためにも部屋は常に加湿を意識してください。家族と暮らしている場合はなるべく同じ部屋に長い時間いないこと、湿度は40%以上を維持することを注意します。特に小さなお子さん、高齢者は免疫力が弱いこと、体力を消耗しやすく脱水症状にもなりやすいこと、そして合併症や肺炎を引き起こす原因ともなるので近づけないようにしてください。もし部屋などで嘔吐してしまった場合は使い捨ての手袋、マスクを着用し処理します。拭き取り処理をしたらアルコール除菌をしておきましょう。空中にもノロウイルスが舞っている可能性も高いため、スプレータイプのアルコールなどの除菌剤があると便利です。また、加湿器の中に除菌剤を入れると予防にもなります。